テラコートリル ニキビ 効かない

テラコートリルはニキビに効かない?知っておきたい作用と成分

薬

 

テラコートリルは武田製薬が製造し、ジョンソン・エンド・ジョンソンより塗り薬として販売されています。化膿をを伴う症状に効きます。

 

しかし、テラコートリルはにきび薬ではありません。

 

これは念頭に置いておく必要があるでしょう。テラコートリルは、ニキビ薬として幅広く周知されていますが、それは手軽に手に入れることができるという点、またニキビに効く成分があるからです。

 

 

テラコートリルはニキビに効く?効かない?

 

テラコートリルのニキビに有効な成分とは主に以下の2つです。

 

  • ヒドロコルチゾン
  • オキシテトラサイクリン塩酸塩

 

 

ヒドロコルチゾンによる美容効果

 

では、ヒドロコルチゾンとはなんでしょうか?それは炎症を抑えるステロイドです。

 

ステロイドは抗炎症作用としては、強力ではありますが、ここで含有されているステロイドは弱く、顔などのデリケートなところに使用できます。

 

そのようなことにより、ニキビにも使用してみようと思う方が出てきたという背景があります。

 

炎症を抑えるとのことで、「赤ニキビ」に効果があります。

 

 

オシテトラサイクリン塩酸塩の効能と効果

 

オシテトラサイクリン塩酸塩とは、細菌を抑える抗生物質です。細菌を抑えることで、にきびが悪化し、化膿を防ぐ効果があります。

 

 

ニキビの種類は全部で5つ!?

 

ニキビの種類は全部で5つに分けられます。

 

  1. ニキビの初期段階として周知されている白ニキビ。
  2. 古い角質が酸化して黒く変色した黒ニキビ。
  3. 皮脂の過剰分泌が原因の赤ニキビ。
  4. ニキビが悪化し、化膿し膿が出た状態の黄ニキビ。
  5. ニキビの中で跡になりやすい深刻な紫ニキビ。

 

 

ここで思い出してください。テラコートリルはにきび薬ではありません。

 

そして、テラコートリルには炎症を抑える成分のステロイド、細菌を抑える抗生物質のオシテトラサイクリン塩酸塩の成分がはいっています。

 

テラコートリルを使用し、確実に効くニキビに最適なものは「赤ニキビ」です。これは皮脂の過剰分泌が原因です。

 

 

ニキビに効かないもの

 

そもそも、にきび薬ではないのだから効かないと言われても何ら不思議ではありません。

 

では、ニキビの種類で効かないものはなにか?

 

それは、細菌繁殖していなく炎症も起きていない白ニキビや黒ニキビには効きません。白ニキビや黒ニキビを治すには毛穴の詰まりを無くすことが必要です。

 

また、肌のターンオーバーを促したり美白するような成分は入っていないため、紫色に色素沈着してしまったニキビ跡には効きません。

 

 

テラコートリル軟膏を使う際の注意点

 

テラコートリルを使用する際は注意も必要です。

 

テラコートリルの成分の中にはステロイドも配合されているため、使い方に注意をしないと副作用が発生してしまいます。

 

そのため、長期間の使用はおすすめ出来ません。

 

主にテラコートリルのニキビ治療の効果的な使い方としては、炎症の伴う「赤ニキビ」に数日塗って、数日塗らない日を意図的につくると良いでしょう。

 

テラコートリルは炎症の伴う「赤ニキビ」に即効性のある治療薬なので、肌に合いさえすれば、短期間で治ってしまうかもしれません。

 

 

テラコートリルまとめ

 

テラコートリルは炎症や細菌を繁殖しないニキビには効きません。しかし、そのほかのニキビには効果があり効きます。

 

テラコートリルを使ってニキビケアをする場合は、「自分のニキビがどんな状態なのか」をしっかり把握してから使用しましょう!

 

 

 

ニキビケアをしつつ、肌をモチモチにするお手入れ方法があることをご存知ですか?

 

ニキビ

 

この方法であれば、圧倒的にコストを抑えることができ、しかも効率的にスキンケアが行えます。

 

>>詳しくはコチラ!